借金返済・弁護士.com

借金踏み倒しは成功するのか?

借金をしてしまい返済が滞ってしまうと、ある段階から利息によって借金が膨れ上がって返済が出来なくなってしまうことがあります。
返済の金額よりも利息によって増える金額の方が多ければ、当然いくら返済をしたところで借金は増える一方で無意味なことに、なってしまいます。
このような状況になってしまうと、何をしても借金が減ることがありませんからいっそのこと踏み倒してしまおうと考える人も多いものです。
しかし、返済ができないからといって踏み倒しをいてしまうと、それは返済ができない以上に大きな痛手を受けてしまうこともあるため、大変危険な選択と言えます。

返済ができないのであれば、正当な手段で返済が不能であることを相手と話し合う必要があるのですが、それをせずに踏み倒してしまうと借金がなくなる代わりに、社会的な信用を完全に失ってしまうことになります。
信用というのはお金に変えることができないものであるため、それを失ってしまうと日常生活にも支障をきたしてしまうことがあり、一時的にはよく手のその後より生活をしていくのが困難になってしまうことがあるのです。

そのため、返済ができないとわかったときには踏み倒しを考えずにまずは専門家に債務をどのように整理すれば良いのか、相談をするところから始めましょう。
最近では無料の法律相談を受け付けている場所も多いので、そのような場所で相談をすれば踏み倒しをせずに全うな手段で借金を清算することができるのす。