借金返済・弁護士.com

借金の時効がきたら返さなくても大丈夫?

知らない人も多くいますが、借金には時効があります。
時効になると借金の返済義務から解放され、これまでのように毎月の支払いに苦しまされることはありません。
金額にかかわらず返済義務からは解放されますから、返せないほど大きな借金を背負ってしまった人でも、楽になることができるのです。
一般的に貸金業者からの借金は、5年とされています。
つまり、5年間貸金業者の取り立てから逃げ切ることができれば、時効は成立します。
しかし、借金に時効があるといっても、実際に成立することはほとんどありません。
成立するための条件は非常に厳しく、また成立しにくい仕組みにもなっています。
ですから、借金の支払い義務から解放されるからといって、時効を成立させるために取り立てから逃げるのは賢い方法ではありません。
取り立てから逃げ続けていると、一括返済の請求や給料を差し押さえられてしまいます。
さまざまな合法的な手段を使って取り立ててきますから、素直に返済に応じるのが一番賢い方法です。
もし返せないほどの借金を背負ってしまったら、時効を成立させるために逃げるのではなく、弁護士や司法書士に債務整理の相談をしましょう。
債務整理をすると、債務を減額することができます。
自己破産をすれば返済義務からも解放されるので、今後は一切支払いをする必要もありません。
返済に追われている生活を立て直することができるので、時効の成立ではなく債務整理で解決を図りましょう。